沖縄旅行 その5 科学館とキッザニア♪

国立科学博物館へ電車で向かったのですが、移動手段と言えば自家用車という生活を送るうちの子たちは、とにかく電車が珍しくって。

窓の方を向いて、立て膝で座ってました。あ、靴は脱ごうね!みたいな。

モノレールに乗って、浜松町に着く少し前、「わ~、東京タワーだ♪」と喜んでました。

すべてが新鮮なもので(笑)

山手線に乗り換えて、横を走る新幹線にとても盛り上がってました。

いろいろ名前を言ってたけど。「マックス」だけおぼえているわ。
そういえば、小さい頃、「しんかんせん」という絵本を繰り返し眺めてました。
北海道には、新幹線は走っていないので、子どもだけでなく、私たち大人にとっても
憧れの乗り物です。

上野駅に降り立っても、ホームから見える新幹線に見入ってしまっただいちゃん。

横の新幹線を見ながら歩き出して・・・なんと、ホームの柱に激突!(笑)軽く低い鼻をぶつけただけで、大したことはなかったので良かったです。
笑ってしまいましたよ。漫画みたいで(笑)
だいちゃんも、ありゃありゃと照れ笑い。

国立科学博物館は普段は、5時頃で閉館なのですが、金曜の夜だけ、8時まで開館しているのです!
スケジュールを立てているとき、それを知って、これは絶対行かなければ!と嬉しくなりました。
普通の日なら無理でしたから。
やった♪ラッキー♪ってな感じで。
e0069159_556217.jpg

はると「フタバスズキリュウ」。以前に、NHKの番組でこの博物館のフタバスズキリュウの番組を見たので、喜んでいました。最近、恐竜マニアからガンダムマニアになりつつある、はるなのですけど。

見るもの見るもの、素晴らしく、3時間ほどの時間でしたが、とても面白かったです。
夜の博物館は人は少なくって、恐竜の大きな展示物が薄暗い中で、動くんじゃないかと思ったり。映画の「ナイト・ミュージアム」を子どもたちと思いだしていました。

科学館の建物自体も、とても美しいですよね。外国の博物館もそうですけど、建物も建築物として素敵なのが、さすが「国立」。北海道にはあんまりないです。国立ナントカ。
頭だけでなく、心も豊かになるわ♪

「360°シアター」を最後に見て、大満足。
球体のようなシアターの中に入って、真ん中のブリッジから360°広がる映像にびっくりしました。

だんなさんと、「ここに来ると、賢くなって科学好きになるような気がするね」と話しました。
簡単に来られる東京の子どもたちがうらやましい♪
子ども連れの方もちらほらいたのですが、冬休み最後の金曜の夜だったからか、人は少なくって、一人で来られている男性の方が何人か。金曜の夜に科学館に一人で来るような方は、さすが皆さん知的なムードでした。

知的な気分になった(笑)子どもたちも、ミュージアムショップで、科学の実験セットを買ってました。・・・が、まだ家で開封されていません・・・。


さて、次の日。

待ちに待ってたキッザニア・・・なのですが、つづく。
お母さんだけは、待ちに待ってた「啄木さん」だったのですけれど(笑)
[PR]
by kurocham | 2011-02-04 06:07 | 旅行

北海道で2人のkids子育て中。 日々の暮らしや 藤原竜也くんについて♪
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30