『At Home At The Zoo』

e0069159_23135730.jpg

日時 2010年6月19日 ソワレ

作  Edward Albee

演出 千葉哲也

出演 堤真一 小泉今日子 大森南朋

場所 シアタートラム






第1部 ホームライフ (Homelife)・・・・・・・・・ピーター 堤真一 ・ アン 小泉今日子

第2部 動物園物語 (The Zoo Story)・・・ピーター 堤真一 ・ ジェリー 大森南朋


上演時間は2時間弱。休憩なしです。
初のシアタートラム。
こじんまりとしていて、客席と舞台の距離がとても近く、客席も斜度があるので、前の人が全く気になりませんでした。素敵な劇場♪ 今回は、舞台サイドにも2列の席が設置されていて、3方向から舞台を囲む形に。でも、横の席の人たちは、ちょっと見づらかったんじゃないかなという気がします。
最後は役者さんたち、3方向に向かって丁寧にお辞儀されてたけど・・・。

1960年に書かれた一幕劇『動物園物語』に、半世紀を経て新たな一幕が加えられた・・・ということで、第二部の戯曲のみ読んで行きました。

・・・・が、良くわかりませんでしたというのが正直なところ。

『どうしてそうなっちゃうの??』とクエスチョンマークが浮かびました。
いろいろ考えさせられます。

単純でなく、いろいろな見方ができるということや、古さを感じさせず現代でも起こりうると思わせるところが、この戯曲の魅力なのでしょう。

今回は、この『動物園物語』へ至る前段として、ピーターの家庭を描く『家庭生活』が加えられ、上演されるとこのことで。
もう一幕書き加えられることによって、より理解がしやすくなるのかな?と期待しながら舞台に臨みました。



観終わると、戯曲で読むと分からなかった部分が少しわかったような。
でも、やっぱり「?」が残る。
心では何となく感じているのですけど・・・。
もっと回数を重ねて上演されると、心にじんじんと響くのかな?
また後日もう一度観る機会があればなあ・・・・と強く思いました。
もう一度観て、考えたくなる舞台でした。

観終わった後も、すごく考えた。
こんなに観終わった後に考える舞台も、私にとっては珍しい。


第一部の『ホームライフ』。
温厚で知的な夫、ピーター。出版社の役員を務め、ニューヨークで裕福な生活を送る中年夫婦。
妻のアンが『話があるの・・・』と切り出す。本に夢中の夫。

二人の会話は、遠まわしで、きわどい会話をしつつも、なかなか本音には触れない。
・・・が突如妻は、激しく夫を責め始める。
『動物になって・・・』と。
何不自由なく、幸せな生活を送ってるのに、「何か足りない」と思ってしまう。
それは贅沢なことだと本人も分かっている。でも、言わずにいられない・・・。
だけど、家庭を壊す気持ちもない。

そんなアンの様子には、共感を覚えました。

キョンキョン、可愛らしかった。どぎつい台詞がいっぱいでびっくりしたけど。
堤さん演じるピーターを責めつつ、愛情を表現する時は、さりげなくラブラブで。
声がとても可愛らしくて。
40を過ぎた今もなお、『キョンキョン』と呼ばれるにふさわしい可愛らしさをお持ちです。

夫も夫で、家族のためと思っていたし、幸せだと思っていた家庭生活が、
妻にとっては、そうではなかったのか?とショックを覚える。

堤さん演じるピーターという人物は、のほほんとしていて、ユーモアがあるのだけど、
妻や家族の気持ちには鈍感・・という気がしました。
家族の幸せを願っているのだけど、熱い気持ちというものがあまり感じられない人物。

そこなのかなあ~?アンの不満は。

『幸せな家庭のお父さん』の見本をただなぞっているようなピーター。
幸せそうに見えて、飼いたい犬は買えないし、なんとなく子どもたちにも相手にされてない感が感じられるし、実はそんなに幸せじゃないのかもね。

でも、舞台のピーターはすごく可愛らしいの。
妻にごろにゃんと甘える様子とか、オブジェ?!にまたがって、実演(!)するとこなんか、
すごくお茶目です。いっぱい笑いました。
え?!堤さん、そんなことしちゃうの・・・・!と驚いたぐらい(笑)な場面も多々ありました。


さて、ふらふらとピーターは公園へ。
舞台の転換に、おお!と思いました。


さて、第二部『動物園物語』。

今度は大森さん登場。
ジェリーはピーターとは全く違う社会的立場の人間。
劣悪な環境のアパートに一人暮らし。家族にも恵まれず、友達も殆んどいなさそうだ。

公園のベンチに腰掛け、熱心に読書をするピーターになれなれしい感じで、話しかけてくる。
最初は、読書を邪魔され嫌がっていたピーター。

適当に相槌を打ちながらやり過ごそうとするが、だんだん自分の家庭や仕事のことを話してしまう。
ジェリーの話はだんだんと暴力的な激しさを増していくのだった。

ジェリーの大森さん、とても魅力的でした。
横暴なだけでなく、可愛らしさもあるジェリー。
武市先生とはまったく違う、現代っぽい若者です。

えんえんとされる犬の話。
犬の話が、だんだんピーターの妻に重なって聞こえてきて。

そこで、ピーターの激情のスイッチが入っちゃうのかな?
妻と同じような言葉をまた投げつけられて。

普段は自分の感情を意識しないで押し殺してるのかも知れません。
それが素のままの気持ちで生きているジェリーの話に引き込まれるところなのかな?

でも、自分の気持ちに正直に行動して、結局最後は「どうしよう・・・・!?」になっちゃう。
その後、ピーターはどうなったのだろう。そして、アンは・・・?


激昂して犯罪が引き起こされてしまうっていうところは、思いっきり現代っぽいなあと思うし、
なんか不幸せ感を伴ってすっきりしないで終わるところは、現代の抱える闇を観たような気になります。

そういえば、映画の『パレード』もそう言う感じだった。

ラストは、意図的でなかったにしても、ジェリーは人生に失望し、
自分の人生をを終わらせたがっていたのかも知れないなとも思います。
「ありがとう。」って、お礼を言っていたものね。

二幕の中で、何度か出てくる『動物』という言葉。

一幕目では、『動物になって!』という妻からのリクエスト。
二幕目では、『あんた、植物だよ。』とジェリーの挑発の言葉。『植物じゃないよ、動物だよ。』とジェリーからピーターへの言葉。
タイトルやジェリーが言ってきたという『動物園』。

『動物』って、気持ちのままに生きるっていうことの比喩なのかなあ。
じゃあ、『動物園』は? 人間の生きる社会? それとも、ただのジェリーの言ってきた場所の名前?

・・・と、こうして感想を書いていても、疑問が尽きないのでした。
作者は何を意図しているのか・・・って、すごく知りたくなるけど、
「色々考えなさいよっ!!」って書いてる戯曲って言うのもありなのかしらね。
だからこそ、色々な解釈ができて、繰り返し上演されているのかもね。


な~んて。
少々難しい舞台でした。

でも途中、結構笑えるます(笑)なにに笑うかは、あえて書きませんが。
客席からたくさん笑いが起こってました。こちらももう少しこなれたところで、もう一度観たいなあ。行けませんけどね。

ながながと、そしてだらだらとまとまらなく書いた感想になってしまいました。
上手にまとめられなかったです。
だって、理解が不十分なんですもの。

でも、こういう舞台もいいね!と思いました。


カーテンコールは2回。
みなさん、優しい微笑み♪♪
[PR]
by kurocham | 2010-06-28 00:37 | 旅行

もうそろそろ書かなくちゃ、忘れてしまいます(笑)

今回の旅行の第一の目的は、『アット・ホーム・アット・ザ・ズー』の舞台を鑑賞すること。
・・でしたが、久しぶりに舞台は一つだけにしたので、ほかに色々楽しみを持つことができました。

絶対に行けない日の舞台のチケットが当たってから、ドキドキの日々。ダメもとで応募したはずなのに、当たってしまうと急に『絶対行きたい!!』と思ってしまい・・・。
何とか行ける日のチケットと交換して下さる方を見つけ、無事に交換していただくことができました。

急に予定を立てたので、金曜の夜出発の航空券しか取れなかったのです。

せっかく2泊もするんだし、余裕ある日程だから、『そうだ!!埼玉に引っ越した妹宅へ行こう!!』と思い、今回は妹の家を訪ねることに。
泊めてもらって、節約だわ~♪と思ったのですが、妹の住む所○市って、実は遠かったのね・・・。
思ったよりもず~っと遠かったわ・・・・。(遠い目)



仕事を通常通りこなし、ダッシュで帰宅。

だんなさんの病のため、なんとなく気合が入らず、準備不足だったので、(おかげさまで、すっかり元気になりました♪)準備の仕上げ。子どもたちのお泊まり準備などなど、慌しく過ごす。

実家で夕食をごちそうになり、今日一日、ご苦労さ~~んというモードに入る時間だけど、
気合100パーセントで、『行ってきます!!』と出発。

いつも朝に出てくるんですが、今回はちょっとお疲れの夕方に出発したせいなのか、
子供たちにちょっと寂しがられました。少し心が痛む。

ドライブ30分。空港へ着く。

ここで、空港のATMが30分前に終了していることにショックを受ける!!!!!

じ…実は、お金アリマセ~~~ン!!せっかくの遠征だというのに、前日、お財布に入っていたお札をすべて、だんなさんに診察費として渡していたことをすっかり忘れていたドジな私。

かなりドキドキしながら機内へ。

天下の羽田空港なら、かなり遅くまでやっているATMがあるはず。
で・・・・でも、万が一閉まっていたら、妹の家にたどり着けない・・・・。
それほどに所持金が少なかったのです。たぶん大人では機内で一番ビンボーだったと思う・・・。

機内で、かなり焦っていました。馬鹿すぎます。

クレジットカードで、空港の近くのホテルで一泊しようかなとか、色々考えていたのですが、
ちゃんと開いててくれました!さすが羽田空港。
平日は夜11時までですって。す、素晴らしい!!!!

でも、本当に私ってダメなやつ・・・・・・と、深く深く反省しました。
【教訓・その1】ちゃんと事前にお金をおろしておこう!
    ・・・・・至極当たり前だって!!!!!(恥ずかしい)

これでも、仕事の時は一応ちゃんとコドモたちを引率などしているんだから、恐ろしい。
プライベートではまったくもって、間抜けな私です。仕事のときのモードで生活すればいいのに。

空港から高速バスで一時間と言われたのですが、飛行機が遅れ、あっさり乗り遅れました。
次のバスは一時間後。

待つのもなんだから、電車で行こうと思い、出発しましたが、これがまた!遠いのなんのって!!!!
たぶん、次のバスに乗っても、同じような時間に着いたと思います。

ふう~~~。
【教訓・その2】妹の家に行くときは、絶対にバスが楽。

一日目ですでに、多くのことを学んだ私でした(笑)


めっちゃ遠かったけど、電車の中で人間観察をするのが楽しかった。
ホントに都会のお父さん(に限らずですが)たちは、たいへんだわ~。あんな遅くまで・・・。

途中、妹のだんなさんの会社の最寄り駅を通過し、家までの遠さに、改めて驚く。
その話を妹宅ですると、忙しくなってくると、帰ってくる時間が惜しくて、漫画喫茶に泊まるとか言うじゃありませんか!!
漫画喫茶にシャワーがあることを、そのとき聞いて、初めて知りました。
恐るべし、大都会。そりゃあ、そこで寝泊まりする人々がいても不思議はないわ・・・。

東京はとっても便利だけど、私には田舎が似合っているわ(笑)
[PR]
by kurocham | 2010-06-27 02:34 | 旅行

楽しかった♪♪

連休中に東京へ行ってきました。
今回は観劇三昧の旅。3つ舞台を見て、お友達と会って、ちょっと散策して。

東京はもう桜がちらほら咲いているんですね♪ 春です♪
行った日も、日中は20℃近くあり、上着が要らない感じでした。夜になると冷え込んできたので、持って行ったストールや手袋が役に立ちましたが。

それと、風!!

すごい強風!!

帰りの飛行機は、引き返す可能性有りの条件付き運行。
羽田でも生温かくて強い風が吹いていたので、心配しました。着陸時、飛行機が揺れて怖かったのですが、ちゃんと到着。嬉しかったです。

でも、空港は予報通りの暴風雪。雪が真横に降ってました。
私は春仕様の薄着。そこに吹雪。東京旅行の夢気分から、一気に北海道の現実に引き戻された感じでした。ああ寒かった。そこからのドライブは、ハザードをつけながらのノロノロ運転。視界がとても悪くて、無事に帰れるよう祈りながらの旅でした。

私と一緒にちょうど嵐が上陸したらしく、帰ると、「さっきまで全然雪も降ってなかったのに・・」と驚かれてしまいました。

昨日はのんびりと疲れをいやし、いただいたお菓子を美味しくいただいてました♪
今回もとても楽しく、また次回の旅行を楽しみにしながら、現実に戻ります。
明日ははるの卒園式。春の新しい始まりに向けて、私も頑張らなくちゃ!
[PR]
by kurocham | 2010-03-23 05:57 | 旅行

旅行の思い出

『ANJIN』を観に、東京へ行ってから、そろそろ2週間が経とうとしています。
忘れちゃいそうなので、簡単に旅行の思い出を。

今年は雪が多くて。
東京へ向かった朝は、-20℃近くまで気温が下がり、寒いのなんのって。
東京は寒いから、ちゃんと冬の装いでくるようにと友達が言うので、
中に着る服を一枚減らした格好で東京へ。

やっぱり暑かったです。
でも、次の日にはちゃんと「寒い」と感じて。人間ってすごい順応するのねと思いました(笑)

ダッシュで天王洲へ。
銀河劇場はあまりお好きではないですが、空港からのアクセスは最高に良い♪
モノレールに乗ったら、約15分で到着ですもん。
お友達と合流して、ランチ&お喋り。
楽しかったです♪♪ またお会いできる日を楽しみにしていますよ~~~♪

観劇。
感想はのちほど。

夜はこじんまりと宴会をする予定だったのですが、時間が結構ありまして。
Yさんにショッピングに付き合っていただきました。
丸の内のキャス・キッドソンのお店で、母にバッグを買いました。
Yさんがモデルになって一緒に選んで下さったお陰で、すぐに決まりました♪
私の母よりもちろんずっとお若いYさんですが、やっぱり人が実際に持った感じを見るのと、
ただ商品を観るのとでは全然違うもんですね。
母もとても喜んでくれて、早速活躍してるようです。
Yさん、ありがとうございました~♪

そして、自分にも買っちゃった。う~ん、なんて可愛らしいんでしょ。キャスのプリント。
お店もラブリーで。かわいかった♪♪

そのあともぶらぶらしたのですが、丸ビル?!かな。
『甲冑展』というのをやっていて。大河ドラマや映画などで使われる甲冑を作っている
ところの提供した甲冑がたくさん展示されていました。
『甲冑ウェディング』というものが、この世にはあるのですね!!!
新郎が甲冑を身につけるようです。

今は歴史ものが流行ってるんですねえ。とても盛況でしたよ。
折しも、『ANJIN』に登場する武将たちの甲冑もたくさん展示されており、
「おんなじだ~♪」となんだか嬉しくなってしまったのでした。

ウィンドーショッピングも楽しみましたが、お買い物しやすそうなお店がいろいろあって。
かわいいものがたくさん♪ じっくり見たら、散財してしまいそうでした(笑)

夜は引き続きYさん、そしてEさんとお食事。
たくさんお喋りして、楽しかったです♪
早起きがたたって、あくびを連発してしまってごめんなさい。
またお会いして、お話したいです♪
話題だった『もやしもん』、本屋さんで発見しました。全然知らなかったわ~!!
[PR]
by kurocham | 2010-01-27 00:25 | 旅行

東京ツアー いろいろ

今回の旅行。
贅沢なことに2泊。
意外に子ども達はへっちゃらだったよう。

・・・・『チャ~~ンス♪また2泊もOKね』と思いましたが、
自分が疲れた(笑)

滞在したら滞在しただけ、アクティブに行動してしまうので、
2泊分フルに活動して、面白かったけど、疲れてしまいました。
今度は余裕のあるスケジュールを組もう・・・(笑)

銀座でお買い物をしようと出かけていくと、コインロッカーはすべて使用不可。
あの、EXILEだの、オバマさんだので、厳戒警備が敷かれていて。
困ったので、ちょうどすぐ側にあった老舗百貨店へ。

宅配便で送ってしまおうと思ったのですが、そのあとお買い物の予定だったので、
買った物も入れたいのですが・・・と相談すると、快く預かって下さって。

おかげで身軽にお買い物を楽しむことができました♪

だんなさんにお洋服、そして自分に欲しかったベスト。
快く送り出してもらっているせいか、ついつい愛が湧きあがって、何か買ってあげたくなってしまう。だんなさんは、喜んでくれましたよ。
自分も欲しかったものが買えて、嬉しかった♪

私は買い物が早いのです。ほぼ一目惚れでなんでも買ってしまう今日この頃。
昔は迷って買えないタイプだったのですが、子育て期間にあわてて買ってばかりいると、
買い物って早くなるんだなあと思いました。しかも、あんまり失敗もなくなったような。
好みがはっきりしてきたのかもしれません。
東京は、素敵なものがたくさん売っているしね~♪♪

実家のお土産もみんな買ってしまって、宅配便で送って。
ああ、身軽。
今度からもこうしよう! 

だって、東京って暑くて。

私ひとりが汗だくでした。みんなニットとかを着ていても、涼しい顔で歩いているのですけど、
その気温なら、もっと普段は薄着をしています、私!!!

オマケに荷物まで持ったら、恥ずかしいくらい汗が・・・・。不審だったろうなあ。

今度からは、さらに薄着で出かけようと思ったのでした。
私はワンピース一枚で、全然平気なくらいでしたのよ。やっぱり北海道と違う(笑)

でも、そんな「アンタ、サウナスーツ着てんの、中に?」ってなぐらいに汗をかいている私にも、あくまでもスマートに、あくまでも親切な銀座の店員さんたちなのでした。
好きよ、銀座。

以前にお友達にいただいた『木村屋のあんバターパン』も買いました。
食べたかったのよ。

満足。
[PR]
by kurocham | 2009-11-18 05:47 | 旅行

ただいま♪

初めての2泊3日遠征から、無事帰ってきました。
いささか飲み過ぎ、日曜の東京の太陽がいっそう眩しく感じられました。

今回は、シルクドソレイユの『コルテオ』、舞台『バンデラスと憂鬱な珈琲』を観劇してきました。
どちらも、とても良かったです!!!

そして、最近結婚した学生時代の友達との再会&飲み会。
楽しかった♪
友達が幸せそうで良かった♪


オバマ大統領の来日と重なってしまったため、駅のコインロッカーが使えず、
苦労しましたが、なんとかクリア。
東京へ着いたときに、物々しい警備を観て、何か事件でも?!と思ったのですが、
夜のニュースを見て、納得。
出かけた日は、気分も焦り気味。天気予報しか見ていなかった私だったので・・・・。


相変わらず、家族は私を優しく迎えてくれ、私も二日酔い?飛行機酔い?・・・わからないけど、
気分の悪さに耐えつつ、笑顔でただいま♪

でも、夜は早寝しました。


ああ・・・楽しかった♪
体は疲れているけれども!


そして、劇場でいただいた『ANJIN』のチラシに、再び心ウキウキなのです(笑)
[PR]
by kurocham | 2009-11-16 05:48 | 旅行

行ってきます♪

明日は13日の金曜日ですが、私にとってはドキドキな楽しい日になりそうです。

行けなそう…と仕事の都合で諦めかけたのですが、幸運(?)が重なり、
予定通り出発できることに。

家族や実家にも心配をかけ、自分も予定が立たないことにイラついていたので、
出かける前から、なんだかいつもの倍疲れている気がしています(笑)

でも!!
楽しみ!!!! 

準備もだいたい整って、遠足に行く前日の子供のようにワクワク気分でいます。
こんな私を快く送り出してくれる家族のみんな、そして、いつも協力してくれる実家の父母に、
心から感謝をしつつ、行ってきます♪


今回は初めて竜也くん以外の舞台・・・ということで。
予定がくるってしまいそうになっていたときは、

「もう!!どうしてそんなに行きたかったんだ、私?!」とか、
「竜也くん以外の舞台を観るなんて、欲張りだから、神様が怒ってる?!」など、

後悔したほどですが、今はやっぱり楽しみです。
竜也くんから始まって、今は観劇そのものも、大好きになって。
(それに付随して、東京へ行けちゃうのも、大きな魅力♪)いろんなところに興味が向いています。
長く楽しめそうな趣味ができて、とても嬉しいです。贅沢な趣味ですけどね(笑)

しばらく会っていない友人に会えるのも、とても楽しみ♪
こっちもメインみたいなもんです。

無事に行って帰ってこられますように♪・・・・家族も元気で過ごせますように♪

・・・・今回あまりにもケチがついたので、心配性になっています(笑)

すれ違いで北海道へ来るお友達、楽しんでくださいね♪♪ お会いしたかったわ~♪♪
[PR]
by kurocham | 2009-11-13 00:31 | 旅行

家族旅行♪

帰省して、義父と一緒に小旅行をしました。

まず行ったのが、自衛隊の千歳基地で毎年開催される『航空祭』。
だんなさんが子どもの頃に、一度だけ家族で行ったそうで、とても印象に残っているのだそうです。たまたま日程が重なったので、行くことになりました。
もちろん私と子どもたちは、初参加。

この日は第50回だったせいか、ものすごい人出。毎年そうみたいですが、すごい渋滞。
自家用車で行くか迷ったのですが、公共の交通機関で行くことに。
千歳行きのJRがすでに混雑。千歳駅に着いたらすでにシャトルバス乗り場まで、長い行列。

並ぶのは大嫌いな私。そして、日に焼けるのも、嫌い。人ごみも苦手。
でも、頑張りました。これも家族のため(笑)

後で知って驚きましたが、12万以上の人が来たんですって。すごいわ~。
お昼を買いに行っても、トイレに行っても、人・人・人!!!!

戦闘機がたくさん展示されていたけれど、戦争の道具ですからね・・・・
それを子供に見せて、かっこいいと思われるのは、なんだか嫌で。
だんなさんに誘われて来たものの、何だか複雑な気分でした。
一機、いくらするんだろう・・・とか、そんなことしか考えられない私。

でも、唯一楽しめたのは、ブルーインパルスの航空ショー。
これがメインらしく、一番最後。朝7時に家を出たので、ショーが始まるころには、
私はもう帰りたい気分でいっぱい。

e0069159_172558.jpg

e0069159_174545.jpg


こんな感じで頭上を飛んでいく姿は、やっぱり凄いなと思いました。
これを戦争で使わずに、みんなを楽しませるだけに使ってもらいたいものです。
天候がよくなくて、プログラムが変更になってしまいました。


さて、翌日は登別へ。
子どもの頃に一度訪れて以来の、登別温泉。
『第一滝本館』という老舗旅館に宿泊しました。大きな旅館で、その日は1000名ほどの宿泊客があったんですって。中国や韓国からの観光客がたくさん。
景気が悪いせいか、お盆なのに宿泊料金はお安め。

大きな旅館って、あまり良いイメージがなかったのですが、職員の方の対応が良かったです。
はるが、買ったばかりの小さな人形を朝食の会場でうっかり失くしてしまい、
私が探しに行ったのですが、見つからず、入口にいた職員の方に訳を話して帰ってきました。

エレベーターを降り、お土産屋さんでものぞこうかな・・・と思って歩いていると、
「お客様~!」呼ぶ声が。
先ほどの職員の方が、「ありました。」と渡して下さったのは、はるの人形!!
わざわざ追いかけてきてくださったんです。本当に親切な方で。
嬉しかったです。

『クマ牧場』にも初めて行きました。
ロープウェイに乗らないと行けない山の上にあるとは、知りませんでした。
その名の通り、熊さんたちがたくさん飼育されてました。
おやつをあげることが出来ます。もちろん有料ですけど。

e0069159_1155355.jpg

こんなふうにおねだりをするんです、熊さん。
でも、投げたおやつをすかさず横取りするカラス。いっぱいいました。

ショーもありました。そんなに曲芸のようなことはさせてませんでした。

でもね。なんだか哀れに感じたのは私だけかなあ・・・。
大きな熊を間近に見るのはそうそうないでしょうから、
近づいて見てみたいという方にはよいかも。山の上なので、涼しいです。


さて、登別といえば、『地獄谷』
e0069159_1192255.jpg

硫黄のにおいが。

だいちゃんとだんなさんは二人でさらに奥地へ。
e0069159_1194940.jpg

こういう鬼さんの像がいろいろ。ちょっと笑っちゃう。
e0069159_120337.jpg



さて、私が一番楽しかったのは、『マリンパークニクス』
もっとしょぼいところだと思っていたのですが(失礼)、とても見ごたえあり。
日本で一番最初に水槽の回廊を設置したのはここだとか。
e0069159_12456100.jpg

回廊もよかったのですけど、とても水族館っぽいところが私は気に入りました。
水族館、大好きなんです♪

いわしが1万匹いるという、『銀河水槽』
サメが3匹ほど入っていて、サメの動きが群れの動きに変化をつけます。
イワシがきらきら光って、とてもきれい。癒されました♪
e0069159_1251342.jpg


子どもたちがとても喜んでいたのは、海の生き物に触れる『タッチプール』
e0069159_13567.jpg

ヒトデやカブトガニ、ナマコにも触っちゃいました。
私がおお!!と思ったのは、エイ!
絹の肌触りでしたよん♪さらさら・しっとりという感じかしら。

そのほかにも、イルカのショー、アシカのショーなどなど。
ペンギンの散歩は炎天下のため、中止されました。ペンギンだって、暑いもんね。

わざと水を観客にかけるアメリカちっくな『スプラッシュタイム』もあって。
濡れないよう、後ろのほうで観ましたが、前のお客さんたちには、本当にザンブザンブと
水がかかってました!
やっぱり楽しそうだったかも・・・・とちょっと参加しなかったことを後悔。
ちゃんとレインコートも売られてました。
だけど、着ていない人もたくさんいて。結構濡れただろうなあ・・・・。

楽しかったです♪
[PR]
by kurocham | 2009-08-17 01:25 | 旅行

北海道で2人のkids子育て中。 日々の暮らしや 藤原竜也くんについて♪
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30