カテゴリ:藤原竜也くん( 293 )

早朝、お友達が教えて下さいました♪


お笑いコンビ品川庄司の品川祐が、監督・品川ヒロシとして世に送り出す映画第3弾『サンブンノイチ』に、藤原竜也が主演することが発表された。共演は、KAT-TUNの田中聖、ブラックマヨネーズの小杉竜一、中島美嘉。豪華キャストがそろった。

ですって。記事はこちら

竜也くんはキャバクラの店長ですか。
設定も面白そう♪

FCからのメールによると、明日も何か情報解禁があるとか。なんだろう?!

もう撮影中みたいですね。頑張って素敵な作品を届けてください♪
[PR]
by kurocham | 2013-02-04 23:36 | 藤原竜也くん

『シレンとラギ』

e0069159_2343312.jpg


劇団☆新感線 いのうえ歌舞伎 『シレンとラギ』

  6月2日(土) ソワレ  
  6月3日(日) マチネ  @青山劇場

もう10日以上も前なんだ・・・・。

半年も前からわくわくドキドキしていた『シレンとラギ』を観劇してきました。
久しぶりの・・・とは言っても、『下谷万年町物語』で上京してから、約半年ですか。
仕事であたふたしているせいか、ずいぶん久しぶりに感じました。

さすが新感線♪
久しぶりにチケットを連続でとって良かった~♪と思いました。

劇団員が出そろう中で、盛りだくさんな舞台。面白かったです。
永作さんは舞台で観るのは初めてでしたが、見た目は小さくて可憐なのに、芯の強い女性ぶりがカッコ良かったです。とても素敵でした。

高橋克美さんがとても良かったです。テレビでは人の良い役が多いのですけれど、以前舞台で観たときに冷たい迫力も出せる方なんだなあと思っていて。
今回はものすごくカリスマ性のある役。すごくカッコ良かったです!!

古田さんは、いつみてもカッコいい。悪役をやってもかっこいい。
声が好きです。
悪役だけど、じゅんさんとのからみは爆笑。古田さんは真面目な顔のままなんですけどね。

じゅんさん・・・・。
大好きです♪
乙女な表情の時、まん丸のお目目のまばたきがすごく可愛い・・・というか、笑ってしまう。
あのまばたきは、後ろの方の方にもちゃんと見えているんだろうか?!と変な心配をしてい仕舞いました。

あとは・・・やっぱり、ヒトイヌ。
いいとこで現れる。

ここからは竜也くんファン目線で。


新感線とかに出て欲しいよねっ!!なんて常々話していたのが実現することに、驚きと喜びで、
超期待していたのですが、それと同時に、ちゃんとなじめるんだろうか?!と変な心配もしていたのです。私が心配しても仕方ないんですけど、今までにない雰囲気の舞台だから・・・・。

だけど、『出演して欲しい俳優ランキング』でいつも上位にランクインしていたことを知ってとても嬉しかったのです。

すでに観劇したお友達からは、『なじんでるし、すごくいい!!』との感想を聞いていたので、ちょっと安心はしてたのですが、どんなもんなんだろ~~~と思ってたのです。
ネットではずいぶん評判が良いようでしたしね。

そしたら、竜也くんはとても素晴らしく♪ 新たな代表作になったんじゃないかしら~♪
悩む若武者を華々しく演じてらっしゃいましたよ。

ドロドロの愛像劇と銘打たれていたのですが、そんなにきわどいところもなく、あくまでも竜也くんの印象は清々しいです。(まっ、設定はドロドロですけれどもね。演じ手に品があるからか、下品な印象ではなかったです。)

まず登場から烏帽子姿の竜也くんが素敵。
まあ、下手側から良く見える。だからFC席は下手側だったの?

シレンを見かけてからすぐに憧れをはっきり表現し、恋する若者ぶりが、くすぐったい感じ。最近、あまり見かけないんですもの(笑)
ちょっと恋におちるのが早いのでは?と思いましたが・・・。それと比べると、シレンは大人の女の対応。年齢が離れていることや、ラギの若く未熟な感じを出しているんでしょうね。
ロミオみたいね。
それにしても、竜也くんは30だからまあ、わかるとして、永作さんの何と可憐で若く見えること。

シレンと結ばれる海辺の家のシーンは、シレンへの思いのたけをぶつけるラギにきゅんきゅんしてしまったマダムも多いのでは。うふ♪

桜が舞い散る中、シレンを失ったラギの叫び、よかったわ~♪
あのシ~ンは絵になるわね。

殺陣も頑張っていたわ。悪くなかったわ!
素敵だったわ!!!練習頑張ったのね。きっと。

六代様になったときの白マント姿が王子様っぽく、ちょっとハムレットを思い浮かべてしまった。
そういえば、竜也くんは王子様も似合う。
信者に説法をする声がとてもよい。
途中で過去のシーンにさかのぼるときの舞台転換が見事だったわ。
現在に戻ってすっとマントを着せてもらうところなんて、歌手の衣装チェンジみたいで。
段取りの多い舞台で大変そうとも思ったけれども。

自分の罪にさいなまれるシレンの幻想の中には、なんと「かあさん!」と叫ぶ竜也くんが・・・。
なんて竜也くんの代表作のオンパレードなんだ・・・。かあさん・・・しんとくううう・・・

そういえば、そのときの竜也くんのロングヘアは王次風だったわよね、ポスターの・・・・(笑)


再びシレンと会い、戦う場面で、「私を変えてやると言ってくれた人もいたんだけれどね。」というシレンに「へえ、そうなんだ。」と答える言い方がすごく印象的でした。
もう以前の自分ではないという別れの台詞ですものね。さりげなく言ってるようで、なんだかとっても切ない。

あとは・・・・・・闘いながらのささやき声が、一番エロかったかもしれませんね~(笑)

ラストはシレンの自分の汚れた血が人の役に立つなんて・・・という台詞は泣かせます。
永作さんの台詞の言い方が素敵。

舞台は回り舞台がとってもよかったです。
舞台の転換がどんどんスムーズに進むので、気持ちが良かった。

ゴダイとシレンのシーンで、人の上に板や布でベッドが出現・・・と思ったら、布がめくれてパッと市場と町の人たちに変わっているところがとてもよかった。
あとは桜吹雪のシーン。


カーテンコールでは、最後に登場する竜也くん。
2回とも、超爽やかな笑顔。
カーテンコールの態度についてダメ出しされて、今回は思いっきり爽やかに出ます!!との言葉通り。
そうよ。こうあって欲しいわよ~。

舞台の中でも、カテコでも、私の観たかった竜也くんがたくさん観られた舞台でしたわ。

絶対買わないと、DVD(笑)!!

今回は1回目は5列目という超接近席。
2回目は10列目ぐらいというこれまた全体を見渡せる良いお席で。
満喫いたしましたわ。いのうえさんもお見かけしたりなんかして。

是非是非、また新感線の舞台にでてもらいたいなあ・・・。
エンターテイメント色の強い舞台もいけるんですね!!と思った今回の遠征でした。


次は大竹さんとね。
どんな感じなんだろ・・・・


あとはねっ!!!

ご覧になった方々と、いろいろお喋りしたいわ!!
[PR]
by kurocham | 2012-06-17 00:31 | 藤原竜也くん

観てきました

ブログをちっともupしてませんね。
あららと言っている間に、六月も3分の一終わってしまいました。

一週間前になりますが、念願の『シレンとラギ』を観劇してきました。
面白かった~♪

私たちが観たかったのは、こういう竜也くんなのよ!と盛り上がるようなお似合いの役。
いい役をあててくれてありがとう!井上さん!
また新感線に呼んでもらいたいなぁ~!

感想はまた後で。
(後になりすぎて、忘れないようにしないと…)
[PR]
by kurocham | 2012-06-11 06:19 | 藤原竜也くん

Happy Birthday!!!

竜也くん、30回目のお誕生日、おめでとうございます♪♪

30歳、いよいよ30代に突入ですね。
いつまでも少年ぽさが残るような瑞々しい雰囲気の竜也くんですが、
それと同時に、ますます大人の落ち着きを感じる今日この頃。とっても素敵です♪♪

これからも応援していきます♪

大阪も千秋楽を迎え、いよいよ来週は東京へ♪
そして、私も東京へ♪(6月ですけど)

ものすごく楽しみです!!!!
[PR]
by kurocham | 2012-05-15 23:20 | 藤原竜也くん

面白い

wowowで『勝・新』の再放送をしていたので、竜也くんの回を見ました。
前回はなんと見逃していたのです。

面白い♪♪

初めは真面目にロミオとジュリエットのバルコニーのシーンを古田さんのジュリエットをお相手に、竜也ロミオ。
普通に素敵。古田さん、女性役も全然不自然じゃないのは何故なんでしょうね(笑)

その次は関西弁で「トミオとジュリエット」。

これが・・・・だいたいの内容は同じとはいえ、台詞を関西弁にするだけでなく、
コテコテなギャグがあちこちにちりばめられていて、爆笑。

初め自分流に台本を読み、その時点で、「うまい!」と誉められていた竜也くんですが、
関西弁とかギャグの言い方を指導されると、まるで歌を真似するようにすぐに真似できてしまう。

なんか才能の端っこを見てしまった気分。カンがいいのね、竜也くんって。

『シーズン2』放送決定との事ですが、もちろん竜也くんはでるのよね?!
[PR]
by kurocham | 2012-05-09 05:19 | 藤原竜也くん

開幕♪

『シレンとラギ』が大阪で初日を迎えましたね。

私の観劇はまだまだ先なんですが、仕事をしながら、「もうすぐ幕が開くわ!」とワクワクドキドキしていました。
お友達がくれたメールやTwitterによると、なかなか良いらしく、ホッとすると同時に期待がますます高まりました♪ きゃ~~♪ と心で叫んでみる。

仕事の方はちょっと慣れてきました。まだまだですけど・・・。

また早起きして仕事をする生活パターンがよみがえりました。
夜はまったく起きていられないので・・・。

あと3日で連休♪ というのが、わが家の合言葉です(笑)
[PR]
by kurocham | 2012-04-25 06:01 | 藤原竜也くん

『てんぷくトリオ』

また楽しみな情報が♪

●ハイビジョン特集「井上ひさしとてんぷくトリオのコント」
  放送:2012/3/24 23:00〜0:30 NHK-BSプレミアム
  演出:三宅裕司
  語り:渡邊あゆみ
  出演:伊東四朗/田中直樹/中村獅童/萩本欽一/藤原竜也/三宅裕司/山口智充

竜也くんは、コントではなく朗読で井上ひさしさんの世界を紹介するのだそう。

番組サイトはこちら
[PR]
by kurocham | 2012-03-18 19:30 | 藤原竜也くん

『おかえり、はやぶさ』

e0069159_2310843.jpg

【監督】本木克英
【キャスト】藤原竜也、杏、三浦友和 他
【あらすじ】2003年5月9日。“小惑星イトカワのカケラを拾って地球に持ち帰る”という、成功すれば人類初の快挙となるミッションを帯びて、鹿児島県内之浦から、小惑星探査機“はやぶさ”が打ち上げられた。このプロジェクトには、プロジェクトマネージャーの江本智彦(大杉漣)のもと、若手スタッフとしてエンジニア助手の大橋健人(藤原竜也)、新人理学博士の野村奈緒子(杏)らも参加していた。同年12月。“はやぶさ”が順調な航行を始めた頃、打ち上げから5年半を経過した火星探査機“のぞみ”が、度重なるトラブルと故障のため、プロジェクトを終了。火星に辿り着くことなく宇宙に消えた。プロジェクトマネージャーだった健人の父・伊佐夫(三浦友和)は、税金を無駄にしたと、非難の矢面に立たされる。打ち上げから2年。いつの間にか“はやぶさ”は、宇宙に夢を抱く人々が願いを託す存在となっていた。健人の同僚、大吾(田中直樹)の息子・風也(前田旺志郎)も、母・多美(森口瑶子)の病気の回復を“はやぶさ”プロジェクトの成功に託していた。そんな風也を励ます健人の悩みは、父のこと。人生の大半を“のぞみ”に賭けてきた父は引退し、自分を責め続けていた。世間との関わりを避けて、同じ道を進む息子の健人にさえ心を開こうとしない……。2005年11月。イトカワ付近に到着した“はやぶさ”だったが、姿勢を崩して不時着。リスクを冒して2回目のタッチダウンに挑み、見事成功させる。さらに、燃料漏れや通信途絶といった度重なるトラブルを、チームワークとアイデアで奇跡的に乗り越え、“はやぶさ”は地球を目指す。その奇跡は、“はやぶさ”を見守る人々にもそれぞれの形で広がっていく。伊佐夫は社会復帰を決意、奈緒子からの講演会の依頼を引き受ける。多美の手術も成功。そして、2010年6月13日。ボロボロになりながら懸命に飛んだ“はやぶさ”は、ついに地球へ辿り着く……。


公開初日ですが、子どもたちが楽しみにしていたので、早速観に行ってきました。
ファミリー向けのはさぶさ映画とのこと。他の二作は観ていないのですが、はやぶさプロジェクトチームが苦難を乗り越え、無事はやぶさを帰還させたという偉業に素直に感動できる、わかりやすい映画でした。
まず夫が別の映画を見たときに持ち帰ってきた本作のチラシが、まずわが家の子どもたちに大人気。
『はやぶさクイズ』・『はやぶさすごろく』などで構成されており、それを熟読した上の息子がまず「これ、面白そうだな~。観たいな~。」と言い、つられて下の子も「僕も観る!!」というので、
「よ~し!!みんなで行こう!」と盛り上がりました(笑)

地味にずっと楽しみにしていたらしく、図鑑の中にはやぶさを見つけてながめてたりしてたらしいです。

子ども対象のJAXA主催の宇宙教室のシーンが、解説が必要なところで、たびたび登場します。CGを用いて、子どもにもわかりやすくはやぶさの仕組み、宇宙の仕組みなどなどが説明されるので、お勉強になりました。すごいわ。最先端技術の固まりなのに、あんなに人間の手で微調整が欠かせないことも知りませんでした。

はやぶさのプロジェクトに家族の物語をからめ物語は進んでいきます。
一度音信不通になったはやぶさをあきらめなかった様子は、竜也くん演じる建人と父の物語で。そして、病気の母を思う風也くんがいい味出してました。

松竹映画らしさがところどころで見え隠れし、『松竹だなあ・・・』と心の中でつぶやいてしまいましたが、夢のある温かい映画でしたよ♪ はやぶさ帰還のシーンでは、じーんと感動。涙もろい私は泣けてしまうほどに、傷つき孤独に地球への旅を果たしたはやぶさ君に感情移入してました。
子どもたちは素直に感動してました。
傷ついても、あきらめないで頑張る姿に何か感じるものがあったんでしょうね。嬉しかったです。

また、宇宙への興味もものすごくかき立てられたようで、たくさん質問されました。
とくに二年生のはる。だいちゃんはもう学校でいろいろ習ってますから、なるほどなるほど・・・と思いながら観てたみたいなんですが、はるには、すべてが新鮮で驚きだったんでしょうね。

「ねえ、ホントにさあ、一回途中であきらめそうになったのかなあ。」って、真面目に言ってましたよ。
二年生もよくわかって、感動できるなんて、素敵だわ♪

ぜひぜひ家族で観ていただきたい♪
たくさんの子どもたちにぜひ観ていただきたいです!!!


竜也くん目線での感想ですが、私は風也くんと竜也くんが会話する冒頭のシーンがすごく好きです。
子どもを可愛がりつつからかういたずらっぽい感じが、なんかいいわ♪
今回は、才能はあるが奔放なエンジニアの役で。だんだんとチームに溶け込んでいく様子もよかったし、お父さんとのラストの会話もよかったです。

途中でおでこ前回の髪型になるんですけど、あら、あなた、ちょっと色気がありすぎだわよ・・・と思った私。ぼさぼさなほうが、エンジニアらしかったかもね。
つなぎと頭に巻いたタオル姿も、妙に似合っていた♪

子どもたちは「カンニング竹山でてた~」とか「ココリコの人でてた~」と言ってました。
「ん?そこ?!」と思った私なのでしたが、こどもには嬉しかったみたいです。知ってる人が出てて。
[PR]
by kurocham | 2012-03-10 23:08 | 藤原竜也くん

素敵なチラシだわ♪

今朝のZIPに竜也くん!と思ったら、地震のニュースで途中でカットされてしまったのですね~。
受け答えが面白かったのにっ・・・・。仕方ないですが、不憫だわ。
NHKの『スタジオパークからこんにちは』も国会中継で延期だったし。
でも、こちらは3月5日(月)に放映です♪ 楽しみ♪

さて、『シレンとラギ』のちらしが公開になりましたねっ!
か・・・・・かっこよいっ!!!

やっぱり新感線ね☆ 素敵です。
竜也くんも見事に新感線色ですわ♪
大好きな新感線に竜也くんが出るなんて・・・・待ってて良かった♪ とまたまた、喜びを噛みしめしまいました(笑)
『アイハコロシアイ』・・・だって。キャ~!エキサイティング!!!(←壊れてきた)

3月ですね♪
朝から地震のニュースとあって、大震災からもう一年経つのだなとしみじみと思いましたが、
一年経つのに、まだまだ落ち着かない。早くみんなが安心して暮らせるようになって欲しいと思います。

3月は職場が慌しい時期。
すこしのんびりな2月はあっさりと行ってしまい、またまた繁忙期突入です。
今の職場に来て5年経つので、来年はどうしようかな~とまた悩む時期でもあります。
子育て、家のことと、お母さんはすることがいっぱい。
初めのうちは、家庭に重きを置いて仕事をしていくことに、もどかしさとか罪悪感みたいなものも感じてしまっていたのですが、今は、『子育てだって大事な仕事なんだし、今はそういう時期なんだ』みたいな気持ちになってて、いい感じです。
でもこの時期になると、このままでいいのだろうかという焦りみたいなものも顔を出すので、迷ってしまいます。
まだ子どもたちもお母さんといたい時期だと思うので、もうしばらくは今のペースで働いて行けたらいいなと思っているのですが。

今日はやっと少し温かくなって。
今年は厳しい寒さが続いているので、春が近づいてきたのが、とても嬉しく感じられました。
[PR]
by kurocham | 2012-03-01 23:13 | 藤原竜也くん

待っていたのよ~♪
 
twitterで情報がupされているので、いつ来るかと思っていたら、
今日ついに、『藤原竜也編』が登場していました!

こちらです♪

その前の永作さんの時も思ったけれど、衣装の雰囲気が素敵で、
時期的にお雛様を連想しました。

竜也くん・・・・!!かっこいいではないですかっっ♪ きゃ~♪
特に青い着物のお写真、いいわ~♪ 弓を構えた姿なんて、まるでお人形さんみたい。
凛々しい。
さすが、予想通りに新感線のお写真は素晴らしい♪♪
舞台と同じくらい早く「パンフレットが見たい!!!」と思ったのは、初めてかもしれない!

舞台が待ちきれないわ♪ 
ものっすごく!!楽しみにしてます、私!
[PR]
by kurocham | 2012-02-26 20:27 | 藤原竜也くん

北海道で2人のkids子育て中。 日々の暮らしや 藤原竜也くんについて♪
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31