あ~♪ひと安心♪

暑い日が続いてます。
北海道としては、もう夏休み中なんじゃないの?!と思う気温・・・。

だいちゃんはあせもにやられ・・・。お腹のお肉が悪いんだわ・・・!

そんな中、ちょっとはるのことでバタついていて。

「耳の下が痛い!」というので、初めは様子をみていたのですが、
三日経ってもまだ痛みがあり、最後の方には、痛くてご飯が食べられなくなってしまいました。

おたふくの後遺症?!と思ったのですが、そんなの聞いたことないし、
耳鼻科を受診。

そしたら、大きな病院で検査を受けて下さいと言われ、
すぐに予約が取れたので、翌日別の病院へ。

『もしかしたら、手術が必要かもしれない』なんて言われたので、
内心ビクビクしてました。はるには大丈夫よと言っていたのですが。

でも、結果は、心配されたようなものではないだろうとの事。
ほっとしました。

完全に疑いが晴れたわけではないので、一ヶ月後もう一度受診することになっています。
薬も飲んで。

はるはといえば、薬が良く効いたみたいで、すぐに元気にご飯をモリモリ食べられるようになりました。

まさかこんなことになるとは思わず、職場の人にもだいぶん心配していただいたのですが、
良い結果で安心しました。
親身になって心配して下さる職場のみなさんの気持ちがありがたかったです。
[PR]
by kurocham | 2010-06-30 21:51 | くらし

『At Home At The Zoo』

e0069159_23135730.jpg

日時 2010年6月19日 ソワレ

作  Edward Albee

演出 千葉哲也

出演 堤真一 小泉今日子 大森南朋

場所 シアタートラム






第1部 ホームライフ (Homelife)・・・・・・・・・ピーター 堤真一 ・ アン 小泉今日子

第2部 動物園物語 (The Zoo Story)・・・ピーター 堤真一 ・ ジェリー 大森南朋


上演時間は2時間弱。休憩なしです。
初のシアタートラム。
こじんまりとしていて、客席と舞台の距離がとても近く、客席も斜度があるので、前の人が全く気になりませんでした。素敵な劇場♪ 今回は、舞台サイドにも2列の席が設置されていて、3方向から舞台を囲む形に。でも、横の席の人たちは、ちょっと見づらかったんじゃないかなという気がします。
最後は役者さんたち、3方向に向かって丁寧にお辞儀されてたけど・・・。

1960年に書かれた一幕劇『動物園物語』に、半世紀を経て新たな一幕が加えられた・・・ということで、第二部の戯曲のみ読んで行きました。

・・・・が、良くわかりませんでしたというのが正直なところ。

『どうしてそうなっちゃうの??』とクエスチョンマークが浮かびました。
いろいろ考えさせられます。

単純でなく、いろいろな見方ができるということや、古さを感じさせず現代でも起こりうると思わせるところが、この戯曲の魅力なのでしょう。

今回は、この『動物園物語』へ至る前段として、ピーターの家庭を描く『家庭生活』が加えられ、上演されるとこのことで。
もう一幕書き加えられることによって、より理解がしやすくなるのかな?と期待しながら舞台に臨みました。



観終わると、戯曲で読むと分からなかった部分が少しわかったような。
でも、やっぱり「?」が残る。
心では何となく感じているのですけど・・・。
もっと回数を重ねて上演されると、心にじんじんと響くのかな?
また後日もう一度観る機会があればなあ・・・・と強く思いました。
もう一度観て、考えたくなる舞台でした。

観終わった後も、すごく考えた。
こんなに観終わった後に考える舞台も、私にとっては珍しい。


第一部の『ホームライフ』。
温厚で知的な夫、ピーター。出版社の役員を務め、ニューヨークで裕福な生活を送る中年夫婦。
妻のアンが『話があるの・・・』と切り出す。本に夢中の夫。

二人の会話は、遠まわしで、きわどい会話をしつつも、なかなか本音には触れない。
・・・が突如妻は、激しく夫を責め始める。
『動物になって・・・』と。
何不自由なく、幸せな生活を送ってるのに、「何か足りない」と思ってしまう。
それは贅沢なことだと本人も分かっている。でも、言わずにいられない・・・。
だけど、家庭を壊す気持ちもない。

そんなアンの様子には、共感を覚えました。

キョンキョン、可愛らしかった。どぎつい台詞がいっぱいでびっくりしたけど。
堤さん演じるピーターを責めつつ、愛情を表現する時は、さりげなくラブラブで。
声がとても可愛らしくて。
40を過ぎた今もなお、『キョンキョン』と呼ばれるにふさわしい可愛らしさをお持ちです。

夫も夫で、家族のためと思っていたし、幸せだと思っていた家庭生活が、
妻にとっては、そうではなかったのか?とショックを覚える。

堤さん演じるピーターという人物は、のほほんとしていて、ユーモアがあるのだけど、
妻や家族の気持ちには鈍感・・という気がしました。
家族の幸せを願っているのだけど、熱い気持ちというものがあまり感じられない人物。

そこなのかなあ~?アンの不満は。

『幸せな家庭のお父さん』の見本をただなぞっているようなピーター。
幸せそうに見えて、飼いたい犬は買えないし、なんとなく子どもたちにも相手にされてない感が感じられるし、実はそんなに幸せじゃないのかもね。

でも、舞台のピーターはすごく可愛らしいの。
妻にごろにゃんと甘える様子とか、オブジェ?!にまたがって、実演(!)するとこなんか、
すごくお茶目です。いっぱい笑いました。
え?!堤さん、そんなことしちゃうの・・・・!と驚いたぐらい(笑)な場面も多々ありました。


さて、ふらふらとピーターは公園へ。
舞台の転換に、おお!と思いました。


さて、第二部『動物園物語』。

今度は大森さん登場。
ジェリーはピーターとは全く違う社会的立場の人間。
劣悪な環境のアパートに一人暮らし。家族にも恵まれず、友達も殆んどいなさそうだ。

公園のベンチに腰掛け、熱心に読書をするピーターになれなれしい感じで、話しかけてくる。
最初は、読書を邪魔され嫌がっていたピーター。

適当に相槌を打ちながらやり過ごそうとするが、だんだん自分の家庭や仕事のことを話してしまう。
ジェリーの話はだんだんと暴力的な激しさを増していくのだった。

ジェリーの大森さん、とても魅力的でした。
横暴なだけでなく、可愛らしさもあるジェリー。
武市先生とはまったく違う、現代っぽい若者です。

えんえんとされる犬の話。
犬の話が、だんだんピーターの妻に重なって聞こえてきて。

そこで、ピーターの激情のスイッチが入っちゃうのかな?
妻と同じような言葉をまた投げつけられて。

普段は自分の感情を意識しないで押し殺してるのかも知れません。
それが素のままの気持ちで生きているジェリーの話に引き込まれるところなのかな?

でも、自分の気持ちに正直に行動して、結局最後は「どうしよう・・・・!?」になっちゃう。
その後、ピーターはどうなったのだろう。そして、アンは・・・?


激昂して犯罪が引き起こされてしまうっていうところは、思いっきり現代っぽいなあと思うし、
なんか不幸せ感を伴ってすっきりしないで終わるところは、現代の抱える闇を観たような気になります。

そういえば、映画の『パレード』もそう言う感じだった。

ラストは、意図的でなかったにしても、ジェリーは人生に失望し、
自分の人生をを終わらせたがっていたのかも知れないなとも思います。
「ありがとう。」って、お礼を言っていたものね。

二幕の中で、何度か出てくる『動物』という言葉。

一幕目では、『動物になって!』という妻からのリクエスト。
二幕目では、『あんた、植物だよ。』とジェリーの挑発の言葉。『植物じゃないよ、動物だよ。』とジェリーからピーターへの言葉。
タイトルやジェリーが言ってきたという『動物園』。

『動物』って、気持ちのままに生きるっていうことの比喩なのかなあ。
じゃあ、『動物園』は? 人間の生きる社会? それとも、ただのジェリーの言ってきた場所の名前?

・・・と、こうして感想を書いていても、疑問が尽きないのでした。
作者は何を意図しているのか・・・って、すごく知りたくなるけど、
「色々考えなさいよっ!!」って書いてる戯曲って言うのもありなのかしらね。
だからこそ、色々な解釈ができて、繰り返し上演されているのかもね。


な~んて。
少々難しい舞台でした。

でも途中、結構笑えるます(笑)なにに笑うかは、あえて書きませんが。
客席からたくさん笑いが起こってました。こちらももう少しこなれたところで、もう一度観たいなあ。行けませんけどね。

ながながと、そしてだらだらとまとまらなく書いた感想になってしまいました。
上手にまとめられなかったです。
だって、理解が不十分なんですもの。

でも、こういう舞台もいいね!と思いました。


カーテンコールは2回。
みなさん、優しい微笑み♪♪
[PR]
by kurocham | 2010-06-28 00:37 | 旅行

もうそろそろ書かなくちゃ、忘れてしまいます(笑)

今回の旅行の第一の目的は、『アット・ホーム・アット・ザ・ズー』の舞台を鑑賞すること。
・・でしたが、久しぶりに舞台は一つだけにしたので、ほかに色々楽しみを持つことができました。

絶対に行けない日の舞台のチケットが当たってから、ドキドキの日々。ダメもとで応募したはずなのに、当たってしまうと急に『絶対行きたい!!』と思ってしまい・・・。
何とか行ける日のチケットと交換して下さる方を見つけ、無事に交換していただくことができました。

急に予定を立てたので、金曜の夜出発の航空券しか取れなかったのです。

せっかく2泊もするんだし、余裕ある日程だから、『そうだ!!埼玉に引っ越した妹宅へ行こう!!』と思い、今回は妹の家を訪ねることに。
泊めてもらって、節約だわ~♪と思ったのですが、妹の住む所○市って、実は遠かったのね・・・。
思ったよりもず~っと遠かったわ・・・・。(遠い目)



仕事を通常通りこなし、ダッシュで帰宅。

だんなさんの病のため、なんとなく気合が入らず、準備不足だったので、(おかげさまで、すっかり元気になりました♪)準備の仕上げ。子どもたちのお泊まり準備などなど、慌しく過ごす。

実家で夕食をごちそうになり、今日一日、ご苦労さ~~んというモードに入る時間だけど、
気合100パーセントで、『行ってきます!!』と出発。

いつも朝に出てくるんですが、今回はちょっとお疲れの夕方に出発したせいなのか、
子供たちにちょっと寂しがられました。少し心が痛む。

ドライブ30分。空港へ着く。

ここで、空港のATMが30分前に終了していることにショックを受ける!!!!!

じ…実は、お金アリマセ~~~ン!!せっかくの遠征だというのに、前日、お財布に入っていたお札をすべて、だんなさんに診察費として渡していたことをすっかり忘れていたドジな私。

かなりドキドキしながら機内へ。

天下の羽田空港なら、かなり遅くまでやっているATMがあるはず。
で・・・・でも、万が一閉まっていたら、妹の家にたどり着けない・・・・。
それほどに所持金が少なかったのです。たぶん大人では機内で一番ビンボーだったと思う・・・。

機内で、かなり焦っていました。馬鹿すぎます。

クレジットカードで、空港の近くのホテルで一泊しようかなとか、色々考えていたのですが、
ちゃんと開いててくれました!さすが羽田空港。
平日は夜11時までですって。す、素晴らしい!!!!

でも、本当に私ってダメなやつ・・・・・・と、深く深く反省しました。
【教訓・その1】ちゃんと事前にお金をおろしておこう!
    ・・・・・至極当たり前だって!!!!!(恥ずかしい)

これでも、仕事の時は一応ちゃんとコドモたちを引率などしているんだから、恐ろしい。
プライベートではまったくもって、間抜けな私です。仕事のときのモードで生活すればいいのに。

空港から高速バスで一時間と言われたのですが、飛行機が遅れ、あっさり乗り遅れました。
次のバスは一時間後。

待つのもなんだから、電車で行こうと思い、出発しましたが、これがまた!遠いのなんのって!!!!
たぶん、次のバスに乗っても、同じような時間に着いたと思います。

ふう~~~。
【教訓・その2】妹の家に行くときは、絶対にバスが楽。

一日目ですでに、多くのことを学んだ私でした(笑)


めっちゃ遠かったけど、電車の中で人間観察をするのが楽しかった。
ホントに都会のお父さん(に限らずですが)たちは、たいへんだわ~。あんな遅くまで・・・。

途中、妹のだんなさんの会社の最寄り駅を通過し、家までの遠さに、改めて驚く。
その話を妹宅ですると、忙しくなってくると、帰ってくる時間が惜しくて、漫画喫茶に泊まるとか言うじゃありませんか!!
漫画喫茶にシャワーがあることを、そのとき聞いて、初めて知りました。
恐るべし、大都会。そりゃあ、そこで寝泊まりする人々がいても不思議はないわ・・・。

東京はとっても便利だけど、私には田舎が似合っているわ(笑)
[PR]
by kurocham | 2010-06-27 02:34 | 旅行

暑かった!

今日は36℃もあったらしい!
すごく暑かった!

しかもエアコンはなく。
だんなさんはエアコンを熱望してるけど、私は遮光カーテンの購入を検討している(笑)
リビングは見晴らしが良いように大きな窓・・・というか、壁の2面全体が大きな窓のような感じなので、眺めは良いのですが、夏の暑さが・・・・。
大きな窓って、こんなに光と熱を集めるんだと、住んで初めてわかりました。

窓につけているのは、淡い色の和紙のブラインドなので、雰囲気は良いのですが、遮光性があまりないのです。

それで遮光カーテンがあれば、昼間閉めきって、室温の上昇を防げるかと思って。


でも、こんなに暑いと、エコを優先せず、健康のため、エアコンをつけたほうがいいのかと、
思ってしまう。

暑さはほんの一時期だもの、北海道!・・・・と思ってましたが、近年そうでもないような。



やっと涼しくなってきました。
夕方涼しくなるところが、先日訪れた東京と違うなと思う。
湿気もあんまりないし。

だんなさんの部屋(半地下)がとても涼しく、避難してました。
ステップフロアの我が家は、階段を上って行くと、どんどん気温が上がります。
顕著です!! 上に行けばいくほど、もわ~・・・・

2階のリビングは、猛暑。

やっぱり一階リビングの家が良かった・・・・・・
[PR]
by kurocham | 2010-06-26 17:55

ただいま♪

日曜日に、無事遠征から帰ってきました♪

楽しかった~~~~♪♪
疲れた~~~(笑)
でも、めっちゃ元気です!!!


本当に、楽しいことって、疲れも吹き飛ぶ。

こんな楽しみ(それも私だけ)を許してくれるだんなさん&コドモたちって、
なんてありがたいんでしょう。帰ってくると、やっぱり申し訳ない気持ちになりますねえ・・・。

今回は子供たちに『好きなものを買いなさい!!』ってお小遣いを渡して行き。
「ママが出かけて、いいもん買えた!」って、密かにささやき合ってたと母から聞いて、
ちょっと安心しました。(大した額おいてきてないんですが・・・)

だんなさんには、今回あんまりお土産を買えませんでした。
だって、妹の家が遠いんだもん(笑)

・・・・いえいえ、それは言い訳。甥っ子姪っ子たちに会えて、嬉しかったし。
ホテル代、浮いたし。

浅草観光したので、干支のお箸を買ったら、「俺、酉年だけど・・・・」って。
あっ!!

彼もお疲れすぎて、がっかりする気力さえなかったようで。本当にごめん。
これから尽くしますから・・・・・・・

でも、羊をサルと見間違うようなデザインだから、気にせず使えばいいのになあ。
最近不運な彼は、違う干支を使うと、罰が当たりそうって・・・・
関係ないんじゃ・・・・?!


今回は、観劇・美術展を観て、お友達とおしゃべりして。
本当に楽しかったです。東京の暑さや雨も、私のために和らいだようで、あまり気になりませんでした。

楽しかった思い出は、またぼちぼちとupしようと思います。
ゆっくりの更新になると思いますが、忘れないうちに書こうと思います。
良かったら読んでくださいませ。
[PR]
by kurocham | 2010-06-22 05:56 | くらし

東京に♪

いよいよ私の東京ツアーが始まりました♪
空港からは少々遠かったけれど、妹夫婦の家でのんびりくつろいでます。

ホテルは便利だけれど、夜一人になるとちょっと寂しくて。
今日は久しぶりに会った妹たちとおしゃべりできて楽しかったです♪

仕事のあとで来たので夜遅くなってしまいました。移動時間はもっぱら人間ウォッチングなのですが、東京は結構遅い時間も、お父さんたちがスーツ姿で電車に揺られているのですね。お疲れ様です。

明日からは、予定をびっちり立ててます(笑)
せっかくだもの!楽しまなければ♪

だんなさんは今日は仕事へ。体調が悪いけど、楽しんでおいでと送り出してくれました。
感謝でいっぱい。
体調が悪いけど、我慢しながら、彼は部活動の遠征なのですよ。

同じ遠征と言う名のお出かけだけれど、ずいぶん違うものです。
[PR]
by kurocham | 2010-06-19 01:37

うむむ・・・・・

サッカーを夜更かしして観た!という人が職場にたくさん。
だんなさんは、普段はあまりサッカーは観ないのに、気合を入れて観ていました。
試合の直前まで仮眠をとる気合の入れよう。なぜだっ?!

私は全然関心がなく、本田選手のゴールを見て、あっさり寝ました。
翌日ニュースでハイライトを観て、OK。

サッカーは面白いとは思うけど、ずっと観ていないといけないので、大変疲れます。
野球を途中から、「お、今どっち勝ってる?」ぐらいな観方が私に合ってます。
生の試合を観戦するときは、なんでも最初から最後まで一生懸命見ますけども・・・・。


今日帰宅しただんなさんがピンチです。
大人のおたふくはやはり恐ろしく、治ったと思っていたのに別の症状が・・・・。
ここには書きにくいのですが、男の人がかかると、よく心配される症状が出てしまい、
明日は病院行きとなりそうです。
あちこち痛くて、大変つらそう。熱も高いです。心配。


・・・・と、
だんなさんの心配をしつつ、今日は気になる話題が色々。

☆11月にまた堤さんの舞台があるそうで!!共演の方、人気者だわ~。
チケット大変そう・・・。
(すでにそんな心配をする私。行くのか?!)
☆斉藤さんのライブツアーもあるのね。11月に札幌だ♪
☆黙阿弥オペラのけいこも始まったのね!三枚目の役だそうで、とても楽しみ♪

でもね、やっぱりだんなさんが心配。
彼は厄年なんですが、「ホントにこの人、厄年だな~!!」と思う今年です。とほほ・・・・
[PR]
by kurocham | 2010-06-16 23:19 | くらし

もうすぐです♪

今週末には、お出かけです。
だんなさんのおたふく騒動で、準備もあまり出来ていませんが、
準備といっても、ネットで情報収集するぐらいですから、全然問題なしです!(笑)

今回は、引っ越してからは初めて妹の家に泊めてもらうので、妹や甥っ子たちに会えるのが楽しみです♪ お友達たちにも連絡を取り、お会いするのも楽しみ♪
観劇は一つなので、合間をぬって、美術展などにも足を運ぼうかと。
最近は、観劇をつめこんでいたので、ちょっと別の楽しみが♪

でも、東京の暑さがこわいなあ(笑)


今回は2泊もするので、家族にもいつものようにありがとう♪♪
楽しんでくるわ♪♪

活力倍増で帰ってくるね♪
[PR]
by kurocham | 2010-06-16 05:49 | くらし

クモじろう

昨日のこと。

蜘蛛の話なので、苦手な方はスルーしてください。




窓に蜘蛛が巣を作り始めたので、子どもたちを呼び、
みんなで蜘蛛さんのお仕事拝見。

自然って、すごい。
体から糸をしゅるしゅる出しながら、うまく足を使って巣を綺麗に張って行く様子は、
すごいのひとこと。飽きずにしばらく眺めていました。

何故か名づけるはる。
その名は『クモじろう』。・・・・しまじろうかっ?!

翌朝、『クモじろう』は何故か少し高い場所に巣を作り直していた。
じっと見られて嫌だったのかしら。

しばらく見ていると、すばやく動いたかと思うと、小さな虫をゲット。
おお、糸でぐるぐる巻きにして、食べた!!

子どもたちはとても喜んでました。

数時間後、クモじろうは、巣とともに姿を消していました。
どこへいったのか、それとも誰かに巣を取り払われてしまったのか。

とにかく、私たちに楽しい理科の時間をありがとう。
[PR]
by kurocham | 2010-06-14 00:39 | 子育て

暑い日

ここのところ、良い天気が続いています。
昨日今日なんて、まるで夏。今日は32℃ですって。うわ~、道理で暑いと思ったわ!!!
エアコンのない30℃超えは、きついです!!お陰で掃除機をかける元気もありませんでした。
夜は涼しいのですけどね。

でも、この炎天下の中、卒業した子の運動会を見に行き、町内会の焼き肉に参加し・・・と、
体を酷使してしまいました。

すごく気をつけているけど、うっすら日にも焼けてきました。
紫外線はお肌に悪いので、気をつけなくては。

お肌の曲がり角も、ヘアピンカーブか?!と思うほどに厳しく、最近スキンケアに熱心です(笑)
でも、もう内面に働きかけるサプリメントとか、コラーゲンとかに走らないと限界のような・・・・・。何かよいものはありませんか?!(笑)


さて、最近やっていること。

『カイジ』の続きを読んでます。職場の方にお借りして。
『地獄チンチロ編』と『人食いパチンコ編』です。(・・・名前あってるかしら?)
面白いわ。ありえないけど。さて、カイジの続編はどのあたりかなあ。

『今日の猫村さん』という漫画をこれまたお借りして読んでました。
e0069159_0255111.jpg















猫の家政婦猫村さん。猫なのに、日本語を話したり、家事が上手。
ストレスがたまると、爪とぎをしたり、こたつに入ると寝てしまったりと、
猫らしさ満載でありつつも、キャラクターはまるで人のいいおばさん。
サザエさんの漫画本のような昭和テイスト。人情ドラマっぽくもあり。
癒されます。

ついつい雇い主の生活に首を突っ込んでしまう猫村さんの台詞には、ときどき
きゅんと切なくなっちゃったりします。
ただのゆるキャラじゃないですよ、猫村さんは。人情があるんですよねえ。
昭和テイストなのに、現代っぽくもあって不思議。
活字はなく、台詞も鉛筆でかかれた不思議な作風。
4巻まで読みましたが、自分で買おうかと思うぐらい好きです。


これからの予定は、『動物園物語』の戯曲を読むこと。
いよいよ週末、『アット・ホーム・アット・ザ・ズー』観劇ですもの。
雑誌のインタビューなどで、出演者の方々から演じるのが難しいという声が上がっていたので、
お勉強してから行こうかと、購入しました。

龍馬伝では、武市先生がいよいよ悲しい感じになってきているので切ないですね。
奥様との絆が美しくも切ないわ。

舞台で観る武市先生がとても楽しみです。もちろん堤さんもですわ!
キョンキョンもですわ!!
[PR]
by kurocham | 2010-06-14 00:25 | くらし

北海道で2人のkids子育て中。 日々の暮らしや 藤原竜也くんについて♪