大きなお家に泊まったよ

昨日は、ちょっと面白い体験をしてきた。
それは、普段は見せてもらうだけのモデル住宅に、実際に宿泊する体験をさせてもらうというもの。

近頃、藤原竜也くんにすっかり心奪われ、私の心の中で家作りへの情熱がかなり停滞していたが、これは以前から予定していたことで、心を無理やり「家作りモード」にしつつ家族そろって出かけてきた。

今回お世話になった住宅は、全国で事業を展開しているハウスメーカーが建てたもので、
オーナーの方が住む前の3ヶ月間、そういった宿泊する体験に使わせてもらっているものだそうだ。
オーナーさんは、今は仕事のため違う町に住んでいてすぐに入居できないし、金銭的にもメリットが受けられるので、家を宿泊に使うことをOKされたらしい。
泊まるほうの人も、結構気を使って大切に扱うので、ひどく汚れたりすることも今のところないそうだ。




子供たちは、今は、賃貸マンション住まいなので、「2階のある家」というのがすごく気に入ったらしい。行く前から、わくわくしていて、約束は夕方なのに、朝から「早く行こうよ~」の連発。

夕方5時、家の前には、営業の方が出迎えてくれ、
玄関ドアの前には、ウエディングパーティのウェルカムボードかと思うようなかわいいボードに、
「ようこそ」の文字とともに、私たち4人の名前が!!
あたたかすぎるもてなし・・・
・・・まるで、旅館の「○○ご一行様」のかわいいやつみたい・・・・

中へ入ると広々。普段狭い家に暮らしているので、本当に広く感じた。
この体験、無料なのに、サービスはまるでホテル並み。
食事も3種類のメニューの中から選んでおくと、その材料が用意してもらえる。
実際に調理して、キッチンの使い勝手を試してもらうのが狙いのようだ。
私たちは、『カレーライス』。
(だいちゃんのチョイス。大人は、「すき焼き」がよかったのだが・・・・)
5時に到着したので、早く作らないと・・・と思っていたら、
若い営業マンの方が、「材料のほうは、切っておきました。私が切ったので、大きさがバラバラなんですけど・・・・」と、テレながら言う。
さらに、「ご飯も炊けてます。」と炊飯器を指さす。
あまりのサービスのよさに、申し訳ない気持ちでいっぱいになってしまう・・・。

でも、確かに、にんじんはやけに大きかったのだけど(^^♪

営業の方が帰られて、家の中は今日一晩だけ、我が家。
子供たちは、おおはしゃぎで、家中を駆けずり回っていた。
かくれんぼうもできるし、おいかけっこもできる。お尻で階段を下りてみたり、部屋を探検したり、遊びは尽きない様子。
私が料理をしている間、それに付き合わされただんなさんも、かなりいい運動になったかな?

夕食をとり、お風呂に入って、子供たちを寝かしつけ。
疲れていたので、すぐに寝ると思いきや、興奮していて、寝付くまで時間がかかっていた。
そのあとは、大人ふたりで久々に家作りの話を延々と・・・・
冷蔵庫には、ビールが用意され、リクエストしたDVDまでレンタルしてくれているのだ。
なんて至れり尽くせりな・・・

もちろん、営業の一環としてのサービスなのだが、いや~、すごい。
会社は損しないんだろうか・・・と心配してしまった。
でも、これで、家が欲しい気持ちに拍車がかかる人もいるだろうし、(私たちも家がますます欲しくなった)このメーカーの家のよさがわかって、ぜひこちらで建てようと決意する人もいるだろうから、とってもいいアイディアだとも思う。
もちろん経費も、損しないように考えられているんだろうし。

翌朝は、お掃除。
「お掃除までしていただいて、家の使い勝手を試してください。」と言われていたとおりに、やってみました。
掃除をすると、「広い家というのは、開放感があっていいけど、掃除するには疲れる」ということがよ~くわかりましたよ(^^♪

このメーカーにお願いするかどうかはまったくわからないけれど、一戸建てに泊まる体験をさせてもらうのいうのは、なかなか面白い体験だった。最新の機器も試せたし。
「お風呂に自動でお湯を張る装置」に一番感動♪
子供たちはとっても喜んでいた。子供には、広いおうちってやっぱりうれしいんだなあ・・・

貴重な体験をさせてくれたハウスメーカーの方に、感謝。
[PR]
by kurocham | 2005-10-16 23:57 | 家づくり

北海道で2人のkids子育て中。 日々の暮らしや 藤原竜也くんについて♪
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31